ANM176®概要

ホーム >> ANM176®概要

ANM176はフェルラ酸を使用した「特許」を取得

ANM176®開発までの経緯

ANM176®開発までの経緯サイジェニック社の支援と翰林大学生薬研究所Song教授の指導のもとで、1998年からフェルラ酸と生薬のトウキに含まれる12種類のクマリン化合物の作用についての研究が始まりました。
この研究結果をベースにサイジェニック社はトウキの1種である東洋トウキ根を原料とした医薬製剤INM176Ⓡを開発しました。
INM176Ⓡは、医薬品の範囲に入る東洋トウキ根を原料としているため、サプリメント(食品用)には使えませんでした。
そこで、東洋トウキと同じセリ科シシウド属で、ヨーロッパでは古くから食品として使われているガーデンアンゼリカに着目しました。
しかし、ガーデンアンゼリカ根にはヒトでも吸収できるフェルラ酸がほとんど含まれていなかったため、食品用の米ぬかから抽出されたフェルラ酸が配合され、サプリメント用原料ANM176Ⓡが開発されました。その後、2009年7月にサイジェニック社と翰林大学の共同特許として承認され、日本で「特許:第4350910号」を取得し、その専用実施権はANM176®製品総発売元である株式会社エイワイシーに与えられています。

高齢になると低下する「知力・意欲の維持」に期待されています

ANM176Ⓡの製造と品質管理

ANM176®品質規格

一般にガーデンアンゼリカ(セリ科シシウド属)に含まれる特定のクマリン化合物は、収穫した後の工程で生成されることが知られており、一般の市場品の多くには全く含まれていません。
特定のクマリン化合物を一定量以上含有するガーデンアンゼリカ根を調達し、特定物質を指標にクマリン化合物が規定量以上含まれるANM176Ⓡ(サプリメント用原料)を下に概要を示した工程で各製品「ANM176顆粒60」「ANM176顆粒180」「ANM176 カプセル60」「ANM176カプセル360」は日本国内で製造されています。

製造工程

商品一覧

  • ANM176®顆粒
    ANM176顆粒60
  • ANM176 顆粒180
    ANM176 顆粒180
  • ANM176®カプセル60
    ANM176カプセル60

  • ANM176カプセル360

ANM176®は、サプリメント用原料(フェルラ酸+特定ガーデンアンゼリカ根抽出物)であり、各製品に一定量を配合し製造されています。

商品名 形状 ANM176®配合量 フェルラ酸 特定ガーデンアンゼリカ根抽出物
ANM176顆粒60 顆粒 300mg/スティック 100mg/スティック 100mg/スティック
ANM176顆粒180 顆粒 300mg/スティック 100mg/スティック 100mg/スティック
ANM176カプセル60 カプセル 150mg/カプセル 50mg/カプセル 50mg/カプセル
ANM176カプセル360 カプセル 150mg/カプセル 50mg/カプセル 50mg/カプセル

急性毒性試験(安全性)

ANM176®の急性毒性試験はサイジェニック社が行っております。
また、日本でも医療機関などの臨床試験で安全性は確認されています。
ANM176®に使用されている全ての原料は、政府の安全に関する法規・指導に准じており、また使用量についても食品レベルであるため、長期間にわたる使用においても極めて安全です。

アルチーマ普及会/ANM176®ヒト連絡会
安心安全の日本国産生産

ANM176®製品は、安心で安全な品質管理を第一に日本国内で製造されています。
日本健康・栄養食品協会による健康補助食品【GMP認定工場】
日本タブレット株式会社(京都府宇治市)

飲用相談・商品に関するお問い合わせ 明日につなげる。高齢化社会の医療に貢献する。

フェルラ酸やガーデンアンゼリカ抽出物など同様の成分を使用し販売されている類似品などは、配合成分・製造方法・品質において、ANM176®を配合した製品とは異なっており、ANM176®はサイジェニック社の「特許」と「製造ノウハウ」で、株式会社エイワイシーが日本国内で製造しています。この製造方法は、他では真似できません。

送料・代引き手数料無料 無料サンプルお申込み 店長ブログ 会員登録 FAX よくあるご質問 認知症の人と家族の会