ホーム >>ブログ

ブログ

今年のガーデンアンゼリカ そして出会いとお別れ

2017年5月29日(月)

今年植えたガーデンアンゼリカの種が、思うように発芽しませんでした。

昨年北海道で収穫した種と、ヨーロッパから輸入した種のどちらも発芽率は同じくらいでしたので、種の問題ではなさそうです。

前回と違うのは、土と植えた時期。

これでも発芽すると踏んでのことでしたが、違いました。

メーカーの社長さんは以前、「植物は条件さえ揃えば、必ず反応してくれますね。そのかわり条件が悪いとそっぽを向いてしまいますね」とおっしゃっていたように、今回は残念ながら条件が揃わなかった、ということになります。

発芽した前回より少ない苗を畑に移植していただきましたが、それでもこの試験栽培でわかったことは、種はもう輸入しなくても良いということです。

北海道でできた種も輸入した種も変わりがなく、北海道でできた種の始めての発芽でした。

実家の家庭菜園でも、勝手に落ちた種が冬を超え土から直接たくさん発芽したそうです。

6月初めには、また農園におじゃまさせていただきます。

長靴を持って、ほんの少しお手伝いをしてきます。

2年目のガーデンアンゼリカは順調です。

2017.5.18

 

6年間 ANM176をご飲用されていたお父様が、先月94歳でご逝去されたと、ご家族からお電話をいただきました。

最期はとても穏やかで、老衰というかたちだったそうですが、痛いところもなく、前日までマッサージをしてあげて、お話しもされていたそうです。

その方は、とても勉強熱心で、いつもいろいろとお父様のために尽くされていました。

「人はいつか必ず死ぬものですし、こう言ってはなんですが、納得のいくものだった」とお話しくださいました。

「認知症と診断された時、これから少しずつ進行していき、だんだんと大変になっていきますよと医師に言われ、また、まわりを見ても大変そうでしたが、父はおかげ様でそんな大変な時期も迎えることなく人生を全うできました。私も父との思い出がたくさんできました」と。

お父様のご冥福をお祈りして、また、この方の益々のご活躍をお祈りいたしたいと思います。

 

そして、もうアルツハイマー病になってから7年になるお母様にと、ANM176をご購入いただいた新しいお客様は、息子さんで、たった一人で介護されています。

ご熱心にいつもお電話をいただき、いろいろなご質問を受けますが、その裏には不安で不安で、というお気持ちと、もっと早く飲ませてあげたかった、というお気持ちと、1日でも長く今のままで暮らせられたら、との想いからだそうです。

デイサービスの介護士さんに、「毎日のお声かけと歩くことを続けて、それが何よりのお薬ですよ」と言われたそうですが、私も全く同じ意見です。

この方の今日のお電話では、お母様はもう言葉もあまり発しなく、しばらく名前を呼ばれたことがなかったのに、名前を呼んでくれてびっくりしたといううれしいご報告でした。

一生懸命されているこの方に、もっともっとうれしいことがありますようにと、思わずにはいられません。

お客様とは寂しい別れがあり、そして新しいお客様との出会いもあり。

いつでもお気持ちに寄り添えるような、不安を少しでも取り除いて差し上げられるような、そんな存在になることが私の理想です。

先日、ある病院の主催の「音楽療法」と「笑いヨガ」の講座に行ってきましたが、実技体験のお二人の指導員の女性の笑顔が最高に素敵で、とても学ばせていただきました。

私も大いにあやかるつもりです。

 

 

 

慢性炎症を抑制するガーデンアンゼリカの特定成分

2017年5月11日(木)

ANM176ヒト試験連絡会トピックスNo.14「健忘と認知症の違い」の中で、「フレンチパラドックス」と言う疫学調査のことが書かれていました。

フランス人は乳製品の消費量が多いにもかかわらずワインを日常飲んでいるから他の欧米人より長生きと言う内容です。

その後、フランスのボルドー大学が65 歳以上の高齢者を3 年間に亘り追跡調査し、赤ワインを1日375~500mℓ飲んでいる人は、飲んでいない人に比較して認知症の発症が3分の1に減少した、と言う結果でした。

しかし、この話には後段があり、ドイツ産のワインでは効果がないと言う調査があり錯綜しています。

これは食品の宿命で、どの成分が効果を発揮しているのか明確でないためです。

その後、レスベラトロールと言うワインに含まれる成分が効果の元である、と言われましたが、レスベラトロールが臨床試験で認知症に有効であることは示されていません。

レスベラトロールやフェルラ酸は高齢によるストレス耐性の低下を抑制しますが、認知症の発症にはストレス耐性の低下だけでなく炎症など様々な要因が関与していると言われており、今のところ、1つの成分で認知症を予防できることは示されていません。

ANM176は関与成分が明確で、ストレス耐性低下を抑制するフェルラ酸と抗炎症作用があるガーデンアンゼリカの特定クマリン類による相乗的な作用によって発揮され、アルツハイマー病の改善に役立つことが示され、また、認知症の予防に役立つ可能性があります。

と、その矢先、昨日のNHK「ためしてガッテン」で、ちょうど慢性炎症を止めれば健康寿命が伸びると出ていました。

慢性炎症とは自覚のない弱い炎症が続いている状態で、これが続くといずれ臓器や血管や神経細胞を傷つけます。

まさにいつも言っているフェルラ酸だけでは効果は期待できず、ガーデンアンゼリカの抗炎症作用のある特定クマリンが不可欠という内容にあてはまるものでした。

このことからもやはりANM176は認知症予防に役立つ可能性のある数少ない食品のひとつといえるでしょう。

現在、認知症予防改善推進会のホームページを制作中とのことで、仕上がりが待ち遠しいのですが、その際はまたここでご紹介させていただきます。

 

先日、ANM176をご夫婦でご飲用いただいているお客様から、妹さんにも紹介したいのでとサンプルの依頼を受けました。

それから数日後、その方から記念切手とともに美しい字でお礼のお手紙が届いており、思いがけない出来事に大変驚きました。

その中ではANM176のことを、「何よりのお守りができました」とあり、「お守り」というその表現にとても感激いたしました。

私もこのうれしいお手紙が「お守り」ですよ、と思ったのでした。

 

 

 

 

ゴールデンウィーク期間中の休業日のご案内

2017年4月15日(土)

先日、あるお客様よりお電話で、認知症のお母様がサンプルをご飲用されて、なんとなくいいようなので少し続けてみたいと、ご注文をいただきました。

「でも、即効性があるものではないので、、」と言いかけますと、「でもずっとやっていなかった俳句を作るようになったんです。」とのことでした。

「それでは、本当の作用はこれからですので、期待したいですね」と、それから3か月、先日またご注文をいただきました。

ご様子をお伺いしたところ、「とてもいい感じなんです。病院で受ける認知症テストの点数が3点も上がったんです。」とのことでした。

日常の生活もなんとなく良い感じ、ということで、点数が上がるのも良いことですが、日常のこの「良い感じ♪」というところがご家族にとってはなによりですね。

ANM176で、ご本人やご家族の生活にハリができて、前向きになれるサポートができれば、そんなうれしいことはありません。

ANM176は認知症の予防と改善を目的に開発されたサプリメントですが、血圧や血糖の安定、肝臓にも良いことがわかっています。

糖尿病などの生活習慣病はアルツハイマー病とも関係あるといわれておりますので、予防として使っていただいているクリニックさんもあります。

また、最近ではANM176製品を使用されている方のご紹介で、予防としてご飲用される方も増えており、これは世の中全体が認知症予防に対する意識が高まっているあらわれですね。

これからの高齢化社会の健康寿命は、やはり個々の日々の積み重ねしかないと思っています。

ちなみに私は、先日の健康診断で血管年齢が35歳と出ました!

昨年、胃カメラ検査で「艶のあるきれいな胃」と言われた時と同様、とってもうれしかったです。

より良い老後を迎えられるように私もまた日々積み重ねです。

 

さて、今年ももうすぐゴールデンウィークです。

当店の休業日はカレンダー通りです。

 

★ゴールデンウィーク休業日

 

2017年4月29日(土)30日(日)     

5月3日(水)~7日(日)

 

5月1日(月)2日(火)は通常営業、発送いたします。

ゴールデンウィーク休業中のインターネットやFAXからのご注文は随時24時間承っておりますが、5月2日17時以降~5月7日にご注文いただいた商品は5月8日の発送となりますのでご了承ください。

お届け日やお時間のご指定なども承っておりますので、お早目にご用命をいただければ幸いです。

ご不明な点などがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

発芽した2年目のガーデンアンゼリカ

4月22日

4.22

 

 

万引きという言葉

2017年3月17日(金)

ANM176を毎日ご飲用されているお客様のご家族から昨年、血液検査で低カリウムだと言われましたが、ANM176の中に何かそのような作用をする成分は入っていませんか?とのお問合せをいただいたことがあります。

ANM176には副作用はありませんが、一応メーカーにも確認をとり「全くありません」との回答をいただきその旨をお伝えしていました。

先日そのお客様からご注文をいただいた際にカリウムの件をお尋ねしますと、食事を注意してカリウムの値もぎりぎりですが正常値まで戻ったとのことでした。

時々お問合せをいただく副作用に関しましては、現在のところ認められているものはなく、1日に摂取する量も少なく、ガーデンアンゼリカ抽出物も極めて少ない量なのだそうです。

先日もメーカーではANM176臨床研究会の先生をまわられていた時に、10年来 ANM176を患者様に使われている先生が、「本当にこれは全く副作用はありませんね」とおっしゃっていたそうです。

また、10年もずっとご飲用いただいている方が何人もいらっしゃるということは、すごいことですね、と驚かれていたそうです。

病気になられた方が10年以上ご飲用できるということは、可もなく不可もなくというわけではなく、それなりにすごいことだとおっしゃっていただいたそうです。

 

先日、10年前に前頭側頭葉変性症と診断されたご本人の講演を聞いてまいりました。

前頭側頭葉変性症は、ピック病や前頭側頭型認知症ともいわれており、昨年、難病に指定されました。

65歳未満の発症が多く、海馬が委縮して物忘れが目立つアルツハイマー病とは違い、前頭葉や側頭葉が委縮して、物忘れは目立ちませんが、反社会的な行動をとったりするのが特徴です。

その方も、万引きをして捕まったことがきっかけで、この病気がわかったそうですが、他にも急に怒りだしたりと、ご家族もご苦労されたそうです。

ところが、その講演でお話しされているご様子は、そのような病気を発症して10年もたつとは全く思えない、しっかりと順序立てたお話しをされ、おかしなところはひとつも感じられませんでした。

アルツハイマー病とは、こんなにも違うのだと驚きました。

今は、写真の趣味を楽しみながら講演で全国をまわり、各地でおいしいものを食べ、病気になったから今の自分があると笑顔で生き生きとされていました。

ただ、「万引きという言葉は良くないよね。盗もうと思ってとっているわけじゃないから万引きという言葉に少し傷つく。物をとってしまう、などの言い方にしてくれたら」とのお話には、私もはっとしました。

ご本人のお話しを聞くことで気づかされることってありますね。

もう、「万引き」とは使いません。

 

今年に入り認知症だった伯母が亡くなりました。

昨年5月に会った時は私のことは誰だかわかってはいませんが、おぼろげな会話をかわしました。

昨年末からは寝たきりで目を開けることもなかったといいます。

アルツハイマー病は、何年もかけて少しずつゆっくりと時間をかけて、悲しみを分散させて、まわりにお別れをしていくんだな、と感じました。

 

3月

3月初旬、今年もまた北海道の試験栽培農場では、ヨーロッパから輸入したガーデンアンゼリカの種と、昨年北海道の試験栽培で収穫された種が播種されました。

前回の播種は前々年の11月末だったのですが、年明け3月でいいのではないかという農場主さんのお話しで3月になりました。

北海道で収穫された種の方が大きくて蒔きやすかったとのこと。

あとは4月の発芽を待ち、5月に畑に定植予定です。

 

 

 

 

 

 

R.R先生のブログ

2017年2月22日(水)

R先生のブログをよく拝見いたします。

認知症や抗認知症薬についても多く書かれているので大変興味深いです。

最近のものでは、抗認知症薬の少量投与について。

本来の抗認知症薬は、少量は有効用量ではなく、副作用を抑える目的なので原則として少量は治療としては使わないようにとされていました。

それは大掛かりな治験から導きだされたものであり、少量投与は無効であるというしっかりした証拠があるということです。

それなのに厚労省は、昨年、少量投与はコメントがあれば保険診療で認めるとの通達を出しました。

抗認知症薬の副作用はいつもお客様よりお聞きしたり、身内にも多くおりましたので、その通達を知った時は、単純に良かったなと思いました。

ところが、R先生のブログを見て驚きました。

少量投与は、副作用もでないけれど、効果もないのだから、なぜ中止を考慮するとの通達をださないのかと。

少量投与で副作用が消えることを、認知症薬の効果と思い込んでいるにすぎないと。

抗認知症薬は認知機能に有効な量では副作用が出現することに気づいた先生たちが、患者に何もしなかったら認知症専門医として成り立たないために、認知症患者で保険診療を続けるために副作用がでない少量投与で自分の手元に囲いこんでいるというのです。

R先生のいつものお言葉をここで私が拝借させていただきます。

「嗚呼!」

(この「嗚呼」は、私的にはとても新鮮であり、また懐かしい漢字です。昔「嗚呼、花の応援団」というのがありました。)

まさに嗚呼!と思いました。

それが全てではないかもしれませんが、そういうことは確かにあるかもしれません。

ということは、副作用がひどければ、少量投与などせずにやめた方が良いということです。

私たち患者側の立場では、本当に何を信じれば良いのかわかりません。

 

R先生はコウノメソッドの問題点についても、これまで書かれており、これからも放置しておくわけにはいかないと、続きがありそうです。

ANM176は、皆様ご承知のようにコウノメソッドとも、コウノメソッドの推奨するサプリメントとも関係がありません。

私個人的には、R先生の書かれていることに賛同する部分が大きいので、早く続きが読みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

2 / 2112345...1020...最後 »
送料・代引き手数料無料 無料サンプルお申込み 店長ブログ 会員登録 FAX よくあるご質問 認知症の人と家族の会