ホーム >>ブログ

ブログ

ANM176Ⓡ 体内でのフェルラ酸の意義

2017年7月03日(月)

初期とは言えない認知症のお母様がANM176のご飲用を始められて、1か月半。

口数も減ってきていただけに、今から飲んでも効果はあるのかと心配されていましたが、笑顔が増え、口数も増え、あいさつなどの対応もきちんとできていると施設の人にも言われましたと、ご報告いただきました。

ANM176の効果ばかりではなく、きっとこの方の日々のお母様に対する優しさが1番の薬となっていることでしょう。

また、先日ある内科の院長先生が、「患者さんが飲みたいと言っている」と患者さんのかわりにご注文され、その後、認知機能テストの点数が10パーセント上がったとおっしゃられていました。

即効性はないものの、最近このようなお話しをよくお客様がしてくださいます。

メーカーの社長さんは、どんなものでもプラセボ効果というものもあるので、6か月以上たってからが本当の効果、というようなことをおっしゃられていました。

また、時々、お問合せをいただく「ガーデンアンゼリカに興奮性があるのですか」というまるで都市伝説は、ガーデンアンゼリカはヨーロッパでは古くから多く使われているものですが、そのようなことはいっさいないし、文献にもないとのことです。

フェルラ酸には抗酸化作用がありますが、同じく抗酸化作用のあるビタミンEと比べると、通常はビタミンEの方が抗酸化力がありますが、体内ではなんとフェルラ酸の方がビタミンEよりも10倍も効果を発揮するそうです。

不思議でおもしろい話です。

また、吸収排泄が早く、この生理作用からも、今はほとんど摂ることのできないフェルラ酸を、本来ヒトはずっと利用していたのではないでしょうか。

フェルラ酸は体内でものを分解するシステムも強化していて、事前投与で虚血耐性や酸化ストレス耐性を強化します。

βアミロイドたんぱく質に関しては、細胞毒性試験のMTT法で細胞毒性を抑制するとあります。

「フェルラ酸によって事前にストレス耐性を増強しておけば、繊維状βアミロイドを取り込んだミクログリアは周囲に炎症を蔓延させることなく、繊維状βアミロイドを抱えたまま静かに眠りにつきます。」ということだそうです。

先日のガーデンアンゼリカ農園への出張の際、メーカーの社長さんとのいろいろなお話しの中のひとつです。

ほとんどの動物が体内でビタミンCをつくれるのに、ヒトやサルはビタミンCをつくることができません。

でも、遺伝子上では、その痕跡が残っていてヒトも体内で生成していたことが伺われ、それが食べることでビタミンCを常に得られるようになり、体内で合成するシステムがなくなってしまったのではないかといわれています。

今ではビタミンCは必須栄養素で、全く摂ることができなければ病気になります。

フェルラ酸も今まではお米や小麦のヌカからずっと摂取することができていて、こんなに有益な生理作用があるのに、近年ほとんど食事では摂ることができないとしたら・・

それが高齢になってからのストレス耐性に影響しているのではないか。

高齢者の認知症患者の割合がこんなに多いのは実は日本だけだというお話しがあります。

それは今までお米のヌカから摂れるフェルラ酸にずっと頼ってきたにもかかわらず、近年のフェルラ酸不足も関係しているとすれば・・

そのようなお話しをされながら、「あっ!」と言い、ポケットからANM176を取り出し、欠かさずご飲用されている社長さんなのでした。

7月になり、これから夏本番です。

皆様も熱中症などにお気をつけて、体調をくずされませんように、ANM176を飲んでどうぞ元気にお過ごしください。

 

 

 

北海道のガーデンアンゼリカ試験栽培 パート2 鑑賞用 

2017年6月16日(金)

先日のガーデンアンゼリカの試験栽培視察でご一緒しました、試験栽培や成分抽出、葉や茎の活用などに携わっておられるTさんより写真をいただきました。

ここに載せると小さくてわかりづらいのですが、実物はどれもとても素敵な写真です。

北海道の綺麗な風景をぜひ、ご覧ください。

 

_NDF9125bt

_NDF9132b

_NDF9143bt

_NDF9240b

_NDF9247b

_NDF9273b

_NDF9276b

_NDF9315b

_NDF9324b

_NDF9327b

_NDF9332b

_NDF9351b

_NDF9376b

_NDF9381b

_NDF9392b

_NDF9393b

_NDF9451b

 

北海道のガーデンアンゼリカ試験栽培

2017年6月12日(月)

6月6日よりANM176製造メーカー株式会社エイワイシーの社長さん方に同行してガーデンアンゼリカの北海道試験栽培農場へ行って来ました。

この規模での初めてのガーデンアンゼリカ栽培の風景は感動でした。

昨年の実家の家庭菜園でのガーデンアンゼリカ栽培の経験から、花のつく前、もっと言えば蕾の前に行きたかったので、この日が決まりましたが、まさにベストタイミングでした。

雨男から一転、今年から晴れ男になった社長のおかげで、晴天にも恵まれ、「ザ・北海道」の景色も堪能できました。

なぜ花の前かというと、ANM176に使用するのは根だけですが、花がついてしまうと根に養分がいかなくなるので、剪定しなければならないのです。

また、本来ヨーロッパで多く使用されている茎や葉も、6月の中過ぎには硬くなってしまうので、柔らかい今のうちに刈る必要があるのです。

この茎は、ジャムやお菓子、香料などになります。

私は今回は、農園の他に東京農大オホーツクキャンパスにも同行させていただきました。

農大では大変丁寧な対応をしてくださり、いろいろな設備も見学させていただきました。

道すがらは、株式会社エイワイシーの社長さんにいろいろなお話しも聞くことができて、大変有意義な出張となりました。

まずは今日はとりあえず「ザ・北海道」的な写真を並べたいと思いますので、よろしければご覧ください。

最初は写真スポット、網走郡大空町「メルヘンの丘」です。

IMG_0743

オホーツク海

IMG_0837

IMG_0783

ガーデンアンゼリカ試験栽培農園

IMG_0745

IMG_0748

花芽のふくらみ

IMG_0749

IMG_0762

IMG_0767

 

IMG_0766

ガーデンアンゼリカの茎

IMG_0771

IMG_0763

IMG_0765

近くの畑

IMG_0773

 IMG_0779

東京農大オホーツクキャンパス

IMG_0830

IMG_0829

IMG_0787

IMG_0793

IMG_0801

 

IMG_0798

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

シートを敷いて、畑を見ながら食べたお弁当は最高に気持ちが良くおいしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のガーデンアンゼリカ そして出会いとお別れ

2017年5月29日(月)

今年植えたガーデンアンゼリカの種が、思うように発芽しませんでした。

昨年北海道で収穫した種と、ヨーロッパから輸入した種のどちらも発芽率は同じくらいでしたので、種の問題ではなさそうです。

前回と違うのは、土と植えた時期。

これでも発芽すると踏んでのことでしたが、違いました。

メーカーの社長さんは以前、「植物は条件さえ揃えば、必ず反応してくれますね。そのかわり条件が悪いとそっぽを向いてしまいますね」とおっしゃっていたように、今回は残念ながら条件が揃わなかった、ということになります。

発芽した前回より少ない苗を畑に移植していただきましたが、それでもこの試験栽培でわかったことは、種はもう輸入しなくても良いということです。

北海道でできた種も輸入した種も変わりがなく、北海道でできた種の始めての発芽でした。

実家の家庭菜園でも、勝手に落ちた種が冬を超え土から直接たくさん発芽したそうです。

6月初めには、また農園におじゃまさせていただきます。

長靴を持って、ほんの少しお手伝いをしてきます。

2年目のガーデンアンゼリカは順調です。

2017.5.18

 

6年間 ANM176をご飲用されていたお父様が、先月94歳でご逝去されたと、ご家族からお電話をいただきました。

最期はとても穏やかで、老衰というかたちだったそうですが、痛いところもなく、前日までマッサージをしてあげて、お話しもされていたそうです。

その方は、とても勉強熱心で、いつもいろいろとお父様のために尽くされていました。

「人はいつか必ず死ぬものですし、こう言ってはなんですが、納得のいくものだった」とお話しくださいました。

「認知症と診断された時、これから少しずつ進行していき、だんだんと大変になっていきますよと医師に言われ、また、まわりを見ても大変そうでしたが、父はおかげ様でそんな大変な時期も迎えることなく人生を全うできました。私も父との思い出がたくさんできました」と。

お父様のご冥福をお祈りして、また、この方の益々のご活躍をお祈りいたしたいと思います。

 

そして、もうアルツハイマー病になってから7年になるお母様にと、ANM176をご購入いただいた新しいお客様は、息子さんで、たった一人で介護されています。

ご熱心にいつもお電話をいただき、いろいろなご質問を受けますが、その裏には不安で不安で、というお気持ちと、もっと早く飲ませてあげたかった、というお気持ちと、1日でも長く今のままで暮らせられたら、との想いからだそうです。

デイサービスの介護士さんに、「毎日のお声かけと歩くことを続けて、それが何よりのお薬ですよ」と言われたそうですが、私も全く同じ意見です。

この方の今日のお電話では、お母様はもう言葉もあまり発しなく、しばらく名前を呼ばれたことがなかったのに、名前を呼んでくれてびっくりしたといううれしいご報告でした。

一生懸命されているこの方に、もっともっとうれしいことがありますようにと、思わずにはいられません。

お客様とは寂しい別れがあり、そして新しいお客様との出会いもあり。

いつでもお気持ちに寄り添えるような、不安を少しでも取り除いて差し上げられるような、そんな存在になることが私の理想です。

先日、ある病院の主催の「音楽療法」と「笑いヨガ」の講座に行ってきましたが、実技体験のお二人の指導員の女性の笑顔が最高に素敵で、とても学ばせていただきました。

私も大いにあやかるつもりです。

 

 

 

慢性炎症を抑制するガーデンアンゼリカの特定成分

2017年5月11日(木)

ANM176ヒト試験連絡会トピックスNo.14「健忘と認知症の違い」の中で、「フレンチパラドックス」と言う疫学調査のことが書かれていました。

フランス人は乳製品の消費量が多いにもかかわらずワインを日常飲んでいるから他の欧米人より長生きと言う内容です。

その後、フランスのボルドー大学が65 歳以上の高齢者を3 年間に亘り追跡調査し、赤ワインを1日375~500mℓ飲んでいる人は、飲んでいない人に比較して認知症の発症が3分の1に減少した、と言う結果でした。

しかし、この話には後段があり、ドイツ産のワインでは効果がないと言う調査があり錯綜しています。

これは食品の宿命で、どの成分が効果を発揮しているのか明確でないためです。

その後、レスベラトロールと言うワインに含まれる成分が効果の元である、と言われましたが、レスベラトロールが臨床試験で認知症に有効であることは示されていません。

レスベラトロールやフェルラ酸は高齢によるストレス耐性の低下を抑制しますが、認知症の発症にはストレス耐性の低下だけでなく炎症など様々な要因が関与していると言われており、今のところ、1つの成分で認知症を予防できることは示されていません。

ANM176は関与成分が明確で、ストレス耐性低下を抑制するフェルラ酸と抗炎症作用があるガーデンアンゼリカの特定クマリン類による相乗的な作用によって発揮され、アルツハイマー病の改善に役立つことが示され、また、認知症の予防に役立つ可能性があります。

と、その矢先、昨日のNHK「ためしてガッテン」で、ちょうど慢性炎症を止めれば健康寿命が伸びると出ていました。

慢性炎症とは自覚のない弱い炎症が続いている状態で、これが続くといずれ臓器や血管や神経細胞を傷つけます。

まさにいつも言っているフェルラ酸だけでは効果は期待できず、ガーデンアンゼリカの抗炎症作用のある特定クマリンが不可欠という内容にあてはまるものでした。

このことからもやはりANM176は認知症予防に役立つ可能性のある数少ない食品のひとつといえるでしょう。

現在、認知症予防改善推進会のホームページを制作中とのことで、仕上がりが待ち遠しいのですが、その際はまたここでご紹介させていただきます。

 

先日、ANM176をご夫婦でご飲用いただいているお客様から、妹さんにも紹介したいのでとサンプルの依頼を受けました。

それから数日後、その方から記念切手とともに美しい字でお礼のお手紙が届いており、思いがけない出来事に大変驚きました。

その中ではANM176のことを、「何よりのお守りができました」とあり、「お守り」というその表現にとても感激いたしました。

私もこのうれしいお手紙が「お守り」ですよ、と思ったのでした。

 

 

 

 

2 / 2112345...1020...最後 »
送料・代引き手数料無料 無料サンプルお申込み 店長ブログ 会員登録 FAX よくあるご質問 認知症の人と家族の会