ホーム >>ブログ

ブログ

アスタキサンチンと特許とANM176

2016年9月27日(火)

肌のシミやシワに効果があるとされている「アスタキサンチン」をめぐって特許を侵害されたとして、富士フイルムがDHCに対して、対象製品の製造・販売の差止めなどを求めていた訴訟で、東京地裁は富士フイルムの特許は無効とすべきと判断して、請求を棄却する判決を下しました。

「アスタキサンチン」イコールしみやシワに良いと定着するまでには、多くの時間とコストがかかっているようで、ここまでが至難の業なのだそうです。

それをある程度有名になったところで、後から他の企業に安価で販売されることになった富士フイルム側のお気持ちは想像できますが、この判決の「特許無効」というのにも驚きました。

けれどこの「特許無効」ということも決して珍しいことではないそうです。

この件に関して、DHCは2015年、特許庁に特許無効審判請求をしていますが、特許庁は2016年3月に特許が有効であると審決しているそうです。

そして、今回の東京地裁での「特許は無効」の判決は特許庁とは真逆になります。

ANM176製品製造元の株式会社エイワイシーが所有する日本での専用実施権特許第4350910号を侵害しているとした「特許権侵害販売差止請求」の訴訟も、特許権侵害にはあたらないとして請求は棄却されました。

ただ、「アスタキサンチン」訴訟と違うのは「特許無効」とはならなかったことです。

弁護士さんのお話しでは、特許の解釈論は、政策的な理由による場合も含め、変更されること、時の経過とともに変わっていくことも珍しくなく、ちょっとした事実関係の相違で異なってくることもよくあるそうです。

かつてこの特許にも特許庁に特許無効審判請求をされていたようですが、特許庁は特許が有効であると審決しています。

今後、食品用途侵害の訴えはできないとしても、株式会社エイワイシーが所有する特許が無効となったわけではないので、もちろん特許表記にも問題はないとのことでした。

とはいえ、お客様にとっては、やはり成分第一です。

トクホを取り消しになった日本サプリメントは関与成分の含有量が必要量を満たしていなかったということですが、ANM176製品に関してはそのようなことは一切ありません。

またフェルラ酸の量やガーデンアンゼリカに含まれるフロクマリン類の1日摂取許容量などもきちんと調整され安全なようにつくられています。

即効性はありません。

多く飲むこともおすすめしません。

でも、どうぞ自信をもってご飲用ください。

ちょっと変な言い方ですが、この言い方がぴったりな気がします。

 

 

 

 

 

 

ガーデンアンゼリカの成長と「これのおかげ」

2016年9月07日(水)

2016 9. 6

 

9.6 ②

北海道の農場でのガーデンアンゼリカの種からの試験栽培1年目は、順調に生育しているようで、写真が送られてきました。

今年は、北海道にも立て続けに台風が上陸して、大きな被害もありましたが、お願いしている農場では被害はないようでした。

初めて、種から苗にして、5月に植え付け、7月には成長が遅いように感じていましたが、ここまでくると、昨年の苗からのガーデンアンゼリカと同じくらいだと思います。

2年目のガーデンアンゼリカはもう種を付け、すっかり枯れてしまいましたので、根を掘り起こし、乾燥させてメーカーに送り、その後成分のチェックをするそうです。

ANM176製品に使われるガーデンアンゼリカ根の特定成分の一部はこの後の処理によって生成されるものです。

6月に掘った根と、8月に掘った根、花をつけた根と、花をつけずに茎を切った根など比べてみて、来年の農場の根の収穫時期などを検討しなければなりません。

これは試験栽培ですが、確実に北海道で生育できることが確認できたと思います。

出回っているガーデンアンゼリカの8割には、ANM176で使用する、その特定の成分は入っていないため、こうすることで、ANM176に配合されるガーデンアンゼリカの特定成分を安定して抽出することができます。

8月25日にシーエムシー出版より刊行された「脳機能改善食品の開発と応用」(税込み66、960円)の中の「ANM176はアルツハイマー病の改善と予防に役立つ可能性がある」の中でも記されているように、フェルラ酸とガーデンアンゼリカの特定成分、どちらも単体だけではアルツハイマー病の改善用としては不十分と考えられており、どちらも必要なのです。

 

長年お母様がANM176顆粒をご飲用されているお客様が、「これのおかげ、これのおかげ」と言ってくださり、自分もこれから心配だからと今回はご自身用にもカプセルタイプを購入してくださいました。

その方のお母さまは早い段階から飲み始めたこと、そしてずっと継続されていることがやはりとても大きいと思います。

体も他にはどこも悪くないそうです。

また、サンプルのお申込みのお電話をいただいたお客様で、ご主人が座椅子に座ったきり動かず、反応もにぶいなどと認知症を疑われて病院に行ったそうですが、認知症ではないと診断されたそうです。そのお電話で、いろいろとお話しを伺って、毎日少しずつでも歩くようにした方がいいことなど、予防といわれるいろいろをお話しさせていただいていたのですが、その後、「本当に良いものと出会った、こういうものを探していた、あれから、毎日20分歩くようになり、主人も張りがでてきた」と大変喜んでくださいました。

このようなお客様のお声の数々が、私にとっては何よりのご褒美と感じます。

もっと早く知っていれば良かったとおっしゃられることも多く、今後は多くの方にANM176を知っていただき広めるという活動に入るとメーカーの社長さんも言っておられました。

これからも多くの方に「これのおかげ」と言っていただけるように日々精進いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                   

 

 

 

 

認知症とサプリメント フェルラ酸

2016年8月30日(火)

ある健康フォーラムで「認知症とサプリメント」という講演を田平武医師がされている、その内容を見ました。田平医師は、テレビやあちらこちらでお見掛けしますが、いろいろなサプリメントを紹介されています。

その講演でも、7つくらい紹介されていました。

その中に、「フェルラ酸」があり、フェルラ酸を使った商品もいくつか紹介されており、ANM176もありました。

ところが、見てびっくり、他の商品はフェルラ酸と西洋トウキが主要成分で、ANM176はフェルラ酸と東洋トウキが配合されていると書かれていました。

しかも韓国のエイワイシーから出ています、と。

ANM176はフェルラ酸と西洋トウキといわれているガーデンアンゼリカ抽出物が主要成分で、東洋トウキは使用していません。

東洋トウキって、何のトウキのことを言っているのでしょうか。

また、発売元のエイワイシーも韓国ではありません。

日本の会社でANM176も日本で製造されています。

いろいろな講演をされている方が、適当なことをお話しになると、それを聞いている方はそう思われてしまうので、きちんとお伝えいただければと思います。

この度、8月25日にシーエムシー出版より「脳機能改善食品の開発と応用」(税込み66、960円)という本が刊行されましたが、この中で「ANM176はアルツハイマー病の改善と予防に役立つ可能性がある」その概要と作用機構が載っております。

この本には田平先生もココナッツオイルについて書かれているそうですので、ぜひANM176のところも読んでいただきたいと思います。

ちなみに、田平先生は、健康フォーラムでは、ココナッツオイルについて、このように言っています。

ココナッツオイルは糖尿病などでブドウ糖を神経細胞の栄養にうまく使えない人が、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸を使って良くなるという理屈です。

ところが、ココナッツオイルの1日の服用量が多くてとても摂取できず、なんとか耐えて摂取した人も下痢がひどく、認知機能はむしろ悪化した人が多かったとあります。

私はまだシーエムシー出版の「脳機能改善食品の開発と応用」を読んではいませんが、田平先生がココナッツオイルのことをどのように書かれているのか気になるところではあります。

 

 

 

 

 

 

お盆夏季休業日のお知らせ

2016年8月02日(火)

★お盆夏季休業日のお知らせ

当店では、誠に勝手ではございますが、下記期間お休みとさせていただきます。

——————————————————————————————–

休業期間:2016年8月13日(土)~2016年8月16日(火)

——————————————————————————————–

8月17日(水)より通常営業となります。 ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

2016 8月2日

 

2016種取る

 

2年目のガーデンアンゼリカが、もう種ができて、枯れてきました。

まだ、8月になったばかりだというのに、こんなに早いとは驚きです。

 

これからまだまだ厳しい暑さが続きます。

熱中症は気づいた時には、重症ということもあるようですので、水分はこまめにとって、おからだに気を付けてお過ごしください。

 

 

 

 

ANM176観察研究会とガーデンアンゼリカ

2016年7月24日(日)

時々お問合せいただくご質問の中で、「認知症のお薬と一緒に飲んでも良いのですか?」

「病院の先生には言ったが良いですか?」

というのがあります。

ANM176はお薬ではなく副作用もありませんので、認知症のお薬と一緒にご飲用されても問題ありません。

臨床試験では、お薬の効果がなくなった後でも、ANM176を併用することで再び改善される報告があります。

けれども、本来であれば、お薬の効果がなくなる、その以前からのご飲用が望ましいのです。

もっと言えば、お薬を飲む前の段階、物忘れが気になってきた頃からのご飲用が良いとされています。

病気はなんでもそうですが、症状の軽いうちに手を打つのが1番なのです。

病院の先生には言わずにご飲用されている方も多いですが、むしろ言っていただいた方が良いかもしれません。

ANM176利用後の観察研究会では、広島大学名誉教授、公益社団法人 認知症の人と家族の会顧問、(来年の国際アルツハイマー病協会国際会議の大会委員長)中村重信先生、岡山県 きのこエスポアール病院院長 佐々木 健先生、に推奨していただいています。

認知症の医師でこのお二方を知らない先生はいないと思われます。

ANM176利用後の観察研究推奨の理由としては、ANM176が食品で摂り得る成分で構成されていること、食事がアルツハイマー病の増加に関係することを、学術的に示せる可能性があることなどが挙げられています。

ANM176利用後の観察研究の推薦してくださる方には、他に、公益社団法人 認知症予防財団 顧問 佐藤哲朗様がいらっしゃいます。

この方は、長年にわたり、ハンセン病の歴史的な背景のもと、ハンセン病に対する正しい知識の普及、啓発事業に尽力され、社会福祉法人ふれあい福祉協会理事長でもあります。

ぜひ、多くの先生方にも知っていただきご参加いただけたらと思います。

 

さて、先日のガーデンアンゼリカの茎はその後、このようになって届きました。

日本でアンゼリカと呼ばれているお菓子は、本来は、セイヨウトウキ(ガーデンアンゼリカ)を蜜煮して乾燥させた製菓材料で、パウンドケーキを始めとしたケーキやお菓子などに使われているものです。

ただ、日本ではフキを代用して「アンゼリカ」として流通しているそうです。

でも、見た目や食感は似てても、ガーデンアンゼリカの特徴的な香りがないので、やはりあくまでも代替品ということになるみたいです。

では、北海道の試験栽培で順調に育っている今、お菓子業界にも本物のアンゼリカをご提供できるかもしれません。

クリスタルアンゼリカ2

クリスタルアンゼリカ

「アンゼリカ」を使ったチョコレート菓子です。

ANM176に使用するのは、根だけです。

現在ヨーロッパで流通されているガーデンアンゼリカの8割にはANM176が必要としている特定成分が入っていませんが、ライセンスを受けたノウハウで成分が入ったガーデンアンゼリカ根になります。

そして根以外は、このように利用することができます。

この度、お菓子とお写真をご提供いただいたTさん、ありがとうございました。

いつか商品化されれば、ANM176のご飲用のお客様にもプレゼントしたいですね!

 

2016種へ

試験栽培中のガーデンアンゼリカは、花が終わり、これから種へと変わっていきます。

2016種

 

 

 

 

 

 

送料・代引き手数料無料 無料サンプルお申込み 店長ブログ 会員登録 FAX よくあるご質問 認知症の人と家族の会