ホーム >>ブログ

ブログ

フェルラ酸と長寿因子ラパマイシン

2017年10月12日(木)

今年のノーベル賞が発表され、これまで日本人の科学者が3年連続で受賞されていましたが、残念ながら4年連続にはならなかったようです。

昨年のノーベル生理学・医学賞を大隈良典・東京工業大学栄誉教授が細胞内部のオートファジーのメカニズムを解明したことにより受賞されたことを思い出します。

このオートファジーの低下がアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患にも関係があるといわれているからです。

オートファジーは老化にともない低下しますが、ANM176の主要成分のひとつのフェルラ酸はオートファジーを誘導します。

しかも、このフェルラ酸によるオートファジーの誘導は、オートファジー誘導剤のラパマイシンと同程度というから驚きです。

このラパマイシンといえば、寿命延長効果と抗がん作用が明らかになったことで、長寿因子と話題になっているからです。

(先月の認知症予防・改善推進会でも、このことを世界で初めて発表された順天堂大学大学院医学研究科の上野隆教授にお会いすることができました。)

このことからも、ANM176が認知症の予防や改善に役立つ可能性があるひとつの要因となっていると思われます。

先日久しぶりにお話ししたお客様は、認知症のお母様がANM176をご飲用されて3年になりますが、お母様の調子も大変良く、病院の先生もびっくりしていて、「いいね、薬が効いているのかな」とおっしゃられたそうです。

この方は、先生が健康食品をあまり好まない先生なのでANM176のことはお話しされていないようでしたが、それでも現状にとても満足されていました。

時々、お客様に「体験談集を作ったらどうですか?」と言われることがありますが、体験談集はそもそも良くなったという話しかなく、「売らんがためのもの」という感じで私共の間では、あまり好ましくないという風潮でとらえていました。

よく大きく広告が出ている使用前、使用後的な様々な商品を冷ややかに見る方です。

私が皆様にお聞きしたことを、ここに書いたり、お電話でお客様とお話ししている際にお伝えしたりはしていますが、あとは「論より証拠」でお客様やご家族の方が実際にご飲用されて実感していただくしかないと思っています。

ところが、先日お話ししたお客様は、とにかく良いと言ってほしい、効くと言ってほしい、その言葉を求めているというのです。

なるほど、効くか効かないかわからないと思ってご飲用されるよりも、すごく効くと思って飲むことにも意味があるのかもしれないですね。

実際、ANM176は認知症の予防と改善を目的として開発され、物忘れに良いとされるトウキの中からフェルラ酸と12成分を特定し、その組み合わせ307通りの中から最も相乗効果のある試験番号176が商品になったのですから、ぜひ期待してご飲用いただきたいものです。

トウキもANM176に使用されているガーデンアンゼリカ(西洋トウキ)もこの成分にはばらつきがあり、13成分が規定量含まれていることが重要です。

最近、胃ろうについてのお話しをたまたま何人かの方といたしました。

ANM176のカプセルタイプの中身を出して溶かして入れている方や顆粒を使われている方、これから試してみようという方。

胃ろうをしながら、お口からも食べたりしている方もいらっしゃいますし、そのままずっと安定している方もいらっしゃいます。

胃ろうと聞いて、もう終わりのように感じてしまい、でもあきらめきれないという方には、ANM176を試してみる背中を押してさしあげたいです。

介護する方にも納得した終わり方があると思うからです。

いつもお客様方の介護のご様子やお気持ちをお聞きして頭が下がる思いです。

 

 

 

一般社団法人認知症予防・改善推進会

2017年9月13日(水)

DSC02083-1_002 (002)

DSC02088-1_007 (002)

DSC02089-1_008 (002)

9月10日、東京で「一般社団法人認知症予防・改善推進会」発足についての打ち合わせ会議があり、出席してまいりました。

普段お目にかかることができないANM176関連の方々や先生方にもお会いすることができて、本当に嬉しかったです。

残念ながら、国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生と岡山県きのこエスポワール病院の佐々木健院長はご都合のため、お越しになれませんでしたが、4時間に及ぶディスカッションはとても有意義なものでした。

ANM176開発サイジェニック社(特許所有)リーさんと並んで特許日本国内専用実施権所有ANM176製造元の株式会社エイワイシー 代表取締役柳町社長の進行で、お医者様、研究者、弁護士、社会福祉士、他、様々な経歴をお持ちの大先輩方々が、それぞれのお立場からのご意見を交換されておりました。

中村重信先生(洛和会京都新薬開発支援センター所長・広島大学名誉教授 公益社団法人 認知症の人と家族の会顧問)が、新しい抗認知症薬の開発はは莫大なお金がかかっているにもかかわらず連戦連敗で、一度アルツハイマー病になってしまっては、それを止めることはできないという中、風潮は認知症にならない薬の開発研究に変わっていっているということをお話しされていました。

認知症の予防も、はっきりとしたものはまだよくわかってはいないそうです。

そのような状況の中、ANM176の可能性を調べることはとても価値のあることではないかとおっしゃっていました。

また、他では受け入れが困難な認知症の方ばかりをお受けしている認知症専門の介護事業所の所長さんからは、実際に利用者様がANM176をご飲用されてから改善された例を具体的にお聞きしました。

私の中で、重度になってからでは難しいのではないかという思いも少しありましたが、そんなことはないのだと改めて感じました。

やはり、こちらでも嚥下機能の低下に良いようだとのお話しでした。

会議の後の懇親会でも、たくさんのパワーをいただき、とても充実した時間を過ごしたのでした。

中村先生に「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞の功労賞おめでとうございます」とごあいさつをしましたら、すぐに笑顔で、「私ね、その賞をいただいて、とっても嬉しかったんです。」というお言葉がかえってきました。

お話しをさせていただいて私は、偉大な先生でありながら、まっすぐなその謙虚さと穏やかさ、優しさに感動いたしました。

DSC02105-1_021 (002)

「一般社団法人認知症予防・改善推進会」につきましては、また改めてお知らせいたします。

 

さて、9月は世界アルツハイマー月間です。

2017年の標語は 「寄り添えば こころも通う 認知症」です。

世界アルツハイマーデー(9月21日)は、国際アルツハイマー病協会(ADI)が認知症への理解をすすめ、本人や家族への施策の充実を目的に1994年に制定されました。

一昨年からは9月を世界アルツハイマー月間として世界各国で啓発活動を行っています。

「公益社団法人 認知症の人と家族の会」は今年も全国各地で啓発活動に取り組んでいます。

この度の打ち合わせ会議にご参加された山口大学医学部神経内科准教授の川井元晴先生も 「認知症の人と家族の会」の理事をされています。

私共も「認知症の人と家族の会」の賛助会員として会報誌「ぽ~れぽ~れ」に隔月で協賛広告を掲載しています。

また、2017年11月5日徳島県鳴門市での「認知症の人と家族への援助をすすめる第33回全国研究集会」開催に際しましても、協賛広告を掲載いたします。

今回会議にご参加された社会福祉士・精神保健福祉士・認知症ケア専門士の仲さんからいただいたご自身が代表をされている所沢市の「ディホーム花みずきの家」のパンフレットの中に「適切な支援と環境があれば認知症の進行は止められなくても、進行を遅らせ、安定した暮らしを続けることができる」とあります。

私共もそんな支えのひとつの力になりたいと思っています。

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

とある内科医院長先生とANM176Ⓡ

2017年8月22日(火)

とある県の内科医院で、医院長先生がいろいろデーターをとっていると、先日お電話で伺いました。

もともとは、「患者がANM176を飲んでみたいというので」と、医院長先生からご注文のお電話をいただいたのでした。

他にもご飲用されたい患者様がいらしたら、ということでサンプルを送り、その後も患者様にと何度もご注文を受けていました。

医院長先生がデーターをとってくれていたことも驚きでしたが、まだ1ヶ月ちょっとのことですが、そのデーターの内容も驚きでした。

認知症患者様の認知機能テストの1か月後で、メマリー単独で1点上がり、アリセプトで0点変わらず、ANM176単独で2点~4点上がるというのです。

こちらでは1日3カプセルの使用だそうです。

そしてメマリー5㎎とANM176の併用で4点~6点上がったというのです。

そして市販されている○○製薬の物忘れ改善薬は0点変わりなし、ということでした。

ANM176は、早い人で2週間くらいで効果が出るね、他の患者さんもメマリー5㎎と併用であと2点は上がると思う、半年後くらいにデーターをきれいにまとめたら、そちらにも送りますよ。」と。

そして、「認知症患者さんもこれくらいを保つことができたら、普通の生活できるからね。」ともおっしゃっていました。

認知症の治療法が確立されていない中、ただ患者さんのために良い方法を模索しているこの医院長先生のお人柄が伺えます。

ANM176製品は、いろいろな理由で、基本的にはお医者様に販売してもらうということはしていません。(一部を除き)

ですから利害関係はなしです。

半年後のデーターはどうなっているでしょうか。

とても興味深いです。

 

先日親戚から缶入りクッキーの詰め合わせをお土産でいただきました。

その中に原材料アンゼリカとあり、思いがけずアンゼリカ入りクッキーを食べたのでした。

これは本物のガーデンアンゼリカだと思ったら、どうやら日本で代替え品として使われているフキのようです。

 

クッキー2

 

9月は東京に出張です。

ANM176に関わる方々にお会いできるので楽しみです。

こちらのブログでまたご紹介したいです。

 

 

 

 

 

★お盆夏季休業日のお知らせ

2017年8月01日(火)

昨年から8月11日は「山の日」として祝日になりました。

これまで8月に祝日がなかったことと、お盆休みに合わせて連休を取りやすい日取りにしたそうです。

昨年は12日が金曜日で平日でしたので、お休みも飛び飛びでしたが、今年は12日13日が土日となり、休日が長くつながりました。

お休みが多いと嬉しい方、そうでない方、関係ない方、いろいろだとは思いますが、皆様のご予定はいかがでしょうか。

私は、家庭菜園でガーデンアンゼリカを栽培してくれている実家の父に親孝行してまいります。

今年の実家のガーデンアンゼリカ(2年草)の1年目は生育が悪いです。

2017澤田8.1

 

★お盆夏季休業日のお知らせ

当店では、誠に勝手ではございますが、下記期間お休みとさせていただきます。

——————————————————————————————–

休業期間:2017年8月11日(金)~2017年8月16日(水)

——————————————————————————————–

8月17日(木)より通常営業となります。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

お届け日や、お時間のご指定も承っておりますので、お早目にご用命を

いただければ幸いです。

尚、インターネットやFAXからのご注文は随時24時間承っております。

休業期間中にご注文いただいた商品は、8月17日の発送となりますので、

ご了承ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」功労賞

2017年7月24日(月)

認知症の医療や介護に功績のあった人や団体に贈られる「日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞」(日本認知症ケア学会主催、読売新聞社特別後援)平成29年度功労賞にレビー小体型認知症を発見した小阪憲司先生(横浜市立大学名誉教授・クリニック医庵センター南)とともに「ANM176臨床観察研究会会長」の中村重信先生(広島大学名誉教授・洛和会京都新薬開発支援センター)が受賞されました。

また、平成24年度には、同じく「ANM176臨床観察研究会」の佐々木健先生(医療法人きのこエスポワール病院)が受賞されています。

中村先生は認知症治療薬の研究・開発に長く携わっているだけでなく、早くから認知症の方と家族の方の声に耳を傾け、「認知症の人と家族の会」の顧問を務められています。

中村先生のインタビューの記事を読みますと、「医者として薬で治したいという思いが強く、治療への情熱が研究生活を支えてきた。それは今も変わらないけれど、アルツハイマー病になってから治すという発想を転換し、ならないための新薬の開発に取り組んでいる」とのことでした。

先日の日経新聞でも、アルツハイマー病の新薬候補はどれも不発で、患者に効き目は表れず、発症前から治す必要があると発想を転換する動きがあるそうです。

米製薬大手メルクは、アルツハイマー病治療薬の一部開発を「肯定的な結果が得られる可能性はほぼ無い」との評価を受け、中止すると発表したそうです。

現在、認知症を発症した段階では、すでに神経細胞が壊れており、ひとたび壊れ始めると食い止めるのは難しく、進行を完全に食い止めることはできないという見方です。

原因は「アミロイドβ」と「タウ」の2つの原因物質が発症に関係するという説が有力ですが、これとは別に脳の中の免疫細胞「ミクログリア」の暴走が原因との説も取り沙汰されたりと、発症の原因すらも定まっていない中、認知症患者は急増という実情だそうです。

このようなことからか、最近お客様からお電話でお聞きするお話しは、「認知症に出されるお薬のいい話を聞いたことがないので、実は飲ませていない」「医師も無理に薬を進めない」「良いといわれるサプリメントなどはどんどん試してみても良いと医師に言われた」というような内容が多くなっています。

ANM176は、認知症に用いる特許を取得しているサイジェニック社のノウハウのもと日本でつくられていて、副作用もなく、長期にわたってご飲用されても安全なように設計されておりますので、ぜひ、多くの方にお試しいただければと思います。

 

北海道でのガーデンアンゼリカの試験栽培で、今年収穫した根の有効成分を測定したところ規定値以上であることが確認できたそうです。

ヨーロッパの市場で流通しているガーデンアンゼリカ根の8割には、記憶や学習を阻害する神経毒性を抑制する成分が入っていませんので、今回の試験栽培は、まだまだ課題はあるものの、国産化に向けての大きな1歩となったようです。

_NDF9192b

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 2112345...1020...最後 »
送料・代引き手数料無料 無料サンプルお申込み 店長ブログ 会員登録 FAX よくあるご質問 認知症の人と家族の会