ホーム >>ブログ

ブログ

ANM176ヒト試験連絡会の無断引用について

2014年1月01日(水)

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年中は「円山倶楽部」をご愛顧頂きまして、誠にありがとうございました。

「フェルガード」販売から「ANM176」製品の販売へと、昨年は大きな変化の一年となりました。

詳しい経緯はこちらをどうぞ

 

お陰様でフェルラ酸とガーデンアンゼリカ根抽出物についても、今まで以上に勉強させて頂くことができました。

そして、2008年のANM176臨床試験に続いて、今年、計画されている第2回目のANM176臨床試験に携わる事となり、現在更に勉強中です。

マニュアル文書なども、横文字や略語が多く、なかなかむずかしいものですが、自分もその一員となり、ご協力できると思うと大変うれしく思います。

今後、ご協力頂く先生ともいろいろお話をさせて頂く事となりますので、更に勉強していきたいと思います。

第1回目のANM176臨床試験の結果は、いろいろなところで目にしますし、多くの方に「ANM176」製品をご飲用頂ければと思います。

当店の会員様も順次「ANM176」製品に切り替えられております。

ぜひ、本来の特許取得商品「ANM176」をお試し下さい。

 

ANM176ヒト試験連絡会のサイトに下記のようなものが新しく掲載されていました。

 

ANM176ヒト試験連絡会の無断引用について

2013年12月21日

老年医学誌”Geriatric Medicine”の2008年12月号に発表したANM176®の試験は、以下に記した「ANM176ヒト試験連絡会」の11名の先生よって行われました。

●阿瀬川 孝治
医療法人三精会 汐入メンタルクリニック
●伊丹 昭
医療法人三精会 汐入メンタルクリニック
●伊藤 達彦
福井県立すこやかシルバー病院
●遠藤 英俊
国立長寿医療センター
●清原 龍夫
医療法人長寿会 清原龍内科
●河野 和彦
特定医療法人共和会 共和病院
●佐々木 健
きのこエスポアール病院
●中村 重信
広島大学名誉教授
●松田 桜子
医療法人明和会 琵琶湖病院
●水野 裕
特定医療法人杏嶺会 いまいせ心療センター
●宮原 覚
宮原医院

 

最近、インターネット等で本会や本会に参加した会員の情報が無断で引用されています。

「きのこエスポアール病院」で行った前試験はあくまでANM176®の効果を確認するためANM176®を配合した「アルチーマ-J」で行った試験で、公開されるものではありませんが、他の商品である「フェルガード」で行ったかのように改編に作成され、インターネット上にアップされています。

これら不当な行為は著作権や発明権の侵害です。

試験に使用したANM176®はサイジェニック社が品質を保証し提供したものを株式会社エイワイシーが日本タブレット株式会社で試験に適した剤型に加工させた製品、「ANM176顆粒」です。

単にフェルラ酸とガーデンアンゼリカ抽出物を配合してもANM176®と同じ物にはなりません。

また他の配合剤がANM176®で行った試験と同じ効果があるかは証明されておりません。

ANM176®を使用した製品「ANM176顆粒」、「アルチーマ‐J」、「アルチーマ60C」、「アルチーマ360C」、「アルチーマ180S」以外は本会とは無関係で、無断で本会の権利を侵害している場合は法律に則り処置を講じることもあります。

 

となっています。

お客様に、誤解のないよう、こちらにも載せておきます。

 

当店では、1月5日(日)までお休みを頂いております。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

尚、インターネットやファックスでのご注文は、随時受け賜っております。

また、お急ぎの場合は発送も可能ですのでご連絡頂ければと思います。

 

皆様の新年がご多幸な一年でありますように、心よりお祈り申し上げます。

本年も、旧年同様のご愛顧を頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ANM176正規代理店「円山倶楽部」一同

 

 

 

 

札幌「一の秋野総本店薬局」

2013年12月15日(日)

IMG_0726  IMG_0734

札幌の「一の秋野総本店薬局」さんは中央区南1条西1丁目 地下鉄大通駅34番出口すぐそばの街の中心部にある漢方薬の専門薬局です。

明治5年創業、なんと140年以上もの歴史がある、信頼と伝統の薬局で、店舗は明治34年建築でさっぽろ・ふるさと文化百選に指定されています。

木造2階建て、蔵は石造り2階建てで、大変趣を感じますが、中に入ると、昔のレジスターなど、更にレトロを感じます。

IMG_0723  IMG_0720

ANM176製品のポスターが中と外にあります!

IMG_0725

現在は6代目と番頭さんがお店に出ておりますが、お二方とも10年ほど前からのご縁で、

しかも6代目ご夫妻とは、今年になって北海道神宮の毎朝のラジオ体操でばったりとお会いし、大変驚きました!

その秋野総本店薬局さんにはANM176顆粒(税込10,000円)と顆粒3箱セットのアルチーマ180S(税込24,000円)が置いてあります。

物忘れが気になる方、少しでも維持していたい方には、医療機関でも推奨のフェルラ酸と特定ガーデンアンゼリカ根抽出物の特許取得ANM176製品が1番エビデンスのしっかりとしているものではないでしょうか。

先日の英ロンドンで開催されたサミットに合わせて国際会議に出席された、「家族の会」顧問の広島大学名誉教授の中村重信先生は、ANM176臨床研究会の会長です。

第1回目のANM176臨床試験の結果をまとめられ発表されましたが、同じく第1回目のANM176臨床試験からご協力されている岡山きのこエスポワール病院の佐々木健先生などが中心となり、各地で第2回目のANM176臨床試験が計画されています。

フェルラ酸だけではなく、特定のガーデンアンゼリカ根抽出物が配合されることにより意味のあるANM176製品(特許取得)を物忘れ対策の決定版としてご利用ください。

札幌市で直接ご購入されたい方は、街の中心部ですので、ぜひお立ち寄りしてみて下さい。

「一の秋野総本店薬局」

札幌市中央区南1条西1丁目12番地

地下鉄大通駅34番出口すぐそば

お電話 011-221-2460

営業 日曜日 10:00~18:00  月曜~土曜日 9:00~17:00

 

 

 

映画「ぺコロスの母に会いに行く」

2013年11月28日(木)

映画「ぺコロスの母に会いに行く」を見てきました。

この映画は、もともと息子さんがお母様の介護生活の毎日を漫画に描いていて、それが映画化されたものです。

その漫画の本が大好きで、映画館まで足を運びました。

想像以上にとてもとても良かったです!

涙、涙、で最後は涙が止まらなく大変でした。

悲しい映画ではないのです。

ユーモアあふれ、あたたかく、せつなく、とにかくとてもいい映画でしたので、よろしければ、ぜひご覧になってみて下さい。

マイナスな気持ちになりがちな介護の世界ですが、やさしい、前向きな気持ちにさせてくれる映画です。

先日、ANM176®でもお世話になっております洛和会京都新薬開発支援センター所長の中村重信先生の今年出版された本の最後が、「人と人とのつながりを通じて支えていけば、それほど恐れることはないように思われる」とのお言葉で結ばれていました。

30年前から介護されているご家族の声に耳を傾けられ、いろいろ取り組まれて来られた先生だからこそ言える希望の持てるお言葉で、何か救われるような気が致しました。

と同時に、いつかは自分も支えられる身とはなりますが、その前に支える側として何かできることがあるのではないかと深く考えさせられました。

 

インターネットより、初めてANM176®製品に切り替えられ、ご注文を入れてくださいましたお客様方、心より感謝しております。

お電話のように直接、お礼を言うことができませんが、とてもうれしく思っております。

ANM176®製品につきまして、何かございましたらいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

お得なアルチーマ360C(ANM176Ⓡ)カプセル

2013年11月19日(火)

他のフェルラ酸含有サプリメントから、ANM176・アルチーマ製品に切り替えられたお客様に、ご飲用された感想などをお伺いしてみましたが、問題なくご飲用されているとのことで、安心致します。

(これまでの経緯)

ANM176製品には、カプセルタイプがございますので、嚥下に問題のない方や、私たちが普段健康維持で飲用するには、簡単、手軽で断然便利です。

しかも、健康維持には、毎日1日2粒からで良いので、お得な360カプセル入り24,000円で半年分となり、

1ケ月分、約4,000円とお値段的にもかなりお得な感じがします。

私は最近、人の顔はわかるのに、名前が全くでてこなくなりました。

年齢的に少し早すぎる気がして自分でも怖いので、私は1度に2粒飲むようにしています。

空腹時が良いとされていますので、朝起きた時にすぐ、水で飲んでいます。

溶かしたりする手間や、口に粒々が残るわずらわしさがないので、飲みやすいです。

先日、ふと「ANM176」という名前についてどういう意味か疑問に思い聞いてみました。

「ANM176」はフェルラ酸とガーデンアンゼリカ根抽出物の特定成分が配合されたものですが、

これを開発した時につける「開発コード」だそうです。

「ANM176」はサプリメント用原料なのですが、それがそのまま商品名になったというわけです。

先日、「ANM176」が配合されていた初期の「フ○ルガ○ド」のパッケージを見て(現在は配合されていません)、箱の中央にANM176入りと書いてあり、現在の特許権の裁判のことを考えると、なんとも言えない気持ちになりました。

それはさておき、「ANM176」って言いづらいと、よくお客様に言われます。

「エイ、エヌ、エム、176」代表は区切って言います。

私は「エイエヌエム176」と流れるように言います・・・が、時々つっかえてしまいます(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3箱セットが「アルチーマ180S」 カプセル60粒入りが「アルチーマ60C」、カプセル360粒入りが「アルチーマ360C」という名前になっておりますが、要するに、顆粒の1箱か3箱セットか、カプセルの60粒入りか、360粒入りか、ということですので、「エイ、エヌ、エム176」とはご注文の際には言わなくても大丈夫ですので、ぜひ皆様、お電話お待ちしております。

 

 

ANM176/アルチーマとガーデンアンゼリカ

2013年11月08日(金)

北大 007002

北海道大学のキャンパス内のイチョウ並木は有名で、毎年多くの方が訪れます。

北海道大学の敷地面積は大学の中では日本一で、2位の東大の2倍もあるそうです。

敷地内の北海道大学総合博物館は誰でも無料で入館でき、北海道大学から世界で活躍されている方々のコーナーや今までの多くの研究資料などが展示されていて、なかなかの見応えがあります。

漢方のトウキ類なども展示されていたので、興味深く見てきました。

ANM176®にはガーデンアンゼリカという西洋トウキが配合されているからです。

 

ANM176®に配合されているガーデンアンゼリカ根の特定成分はとてもばらつきが大きく、同じガーデンアンゼリカ根でも全く入っていないものもあるそうです。

なぜ、そのようなことがおこるのでしょうか。

それは、収穫した後の根の処理の仕方によって変わってくるからなのだそうです。

 

トウキやホッカイトウキなどの研究は北海道大学や、敷地内にある道立衛生研究所から発信されている学術文献なども多く、トウキを切ったり、洗ったり、乾燥したり、保存したりする過程がストレスとなり特定の新しい成分がつくられることなどを明らかにしています。

 

セリ科シシウド属のトウキには、約40種類もあり、その中の9種類が漢方薬として利用されています。

ANM176®に含まれるのは、西洋トウキのガーデンアンゼリカでヨーロッパでは古くから食用ハーブとして利用され、日本の厚生労働省では食品として公表しています。

このガーデンアンゼリカは、寒冷な湿地を好むので、日本でいえば北海道の気候が良いのです。

その為、北海道での試験栽培も行われています。

ANM176®に配合される特定成分が含まれるガーデンアンゼリカも、日本産になる日がくるといいなと、

夢がふくらみます。

 

 

 

 

20 / 21« 先頭...10...1718192021
送料・代引き手数料無料 無料サンプルお申込み 店長ブログ 会員登録 FAX よくあるご質問 認知症の人と家族の会