ホーム >>ブログ

ブログ

ガーデンアンゼリカのクマリン

2016年10月24日(月)

ガーデンアンゼリカには多くの種類のクマリン類が含まれています。

ANM176に含まれるクマリン類は、その中でβアミロイドたんぱく質の神経毒性抑制作用のある12種のクマリン類が配合されています。

通常市場に流通しているガーデンアンゼリカには、その12種の中で抗炎症作用のある特定クマリンはほとんど入っていません。

数々のクマリン類には様々な作用があり、薬との相互作用など気をつけなければいけないものもあります。

ヨーロッパではガーデンアンゼリカは古くから多く使われているため、欧州医薬品庁では、健康被害へのリスク調査をしており、1日の摂取量の基準範囲を示しています。

ANM176に含まれているクマリン類は、その基準の半分以下にしっかり管理されておりますので、安心してご飲用ください。

また、ANM176に含まれているフェルラ酸もβアミロイドたんぱく質の神経毒性抑制作用のある12種のクマリン類も、本来なら食品から摂取できる成分で、副作用はありません。

しかし、ANM176の成分は細胞に根本的にはたらきかける作用であるため、本格的に効果を発揮するには少しの時間がかかります。

そのため、ANM176を長期的に使用することが、大切だと考えられています。

 

ヨーロッパで流通しているガーデンアンゼリカ根は容易に輸入できますが、そのほとんどにANM176に必要な特定のクマリンが入っていないため、現在ANM176製品の安全と安定した成分を抽出するために、ガーデンアンゼリカの100%国産化を目指して北海道で試験栽培をしています。

大手の漢方薬企業も、トウキのばらつく成分の品質管理も含めて、北海道で栽培をしています。

北海道はすでに初雪が降りましたが、試験栽培中の1年目のガーデンアンゼリカはこのまま雪の下となります。

この順調に育ったガーデンアンゼリカは2年草のため、来年の春、また芽を出します。

10-23-%e2%91%a1

 

10-23-%e2%91%a2

10-23

 

 

フェルラ酸とオートファジー

2016年10月08日(土)

オートファジーとフェルラ酸

 

10月3日、大隅良典・東京工業大学栄誉教授が、細胞内部の自食作用、オートファジーのメカニズムを解明したことにより、2016年ノーベル生理学・医学賞を、受賞しました。

生物の体内では、古くなった細胞や外部から侵入した細菌などを食べるマクロファージがよく知られていますが、細胞ひとつひとつの中でも、古くなったタンパク質や異物などを集めて分解し、エネルギーを供給することや、分解してできたアミノ酸を新たなタンパク質合成に使うリサイクルシステムが働いているそうです。

このうち分解に関わる重要な機能がオートファジーです。

オートファジーは、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患にも関係があると考えられていて、オートファジーの機能を活性化することによって、症状の改善などが期待されています。

私は、つい数日前に、お客様よりお問い合わせがありましたので、ちょうど「ANM176ヒト試験連絡会」サイトの中の「ANM176について」

http://anm176.com/aboutanm176/ferulicexplanation.html

「フェルラ酸はオートファジーを誘導する」のところで、老化にともない低下するオートファジーが脳内神経細胞が変質して起こる神経変性疾患と関係していることなどを読んでいましたので、とても身近に感じることができました。

また、フェルラ酸がこのオートファジーを誘導することを発表したのは、ANM176メーカー社長のご友人である順天堂大学大学院の上野隆教授のチームです。

オートファジーはここ数年、生命科学分野で大きな注目を集めているようですので、新たな発展を期待致します。

 

10月14日付の厚労省行政処分で、名古屋フォレストクリニック河野和彦医師が、自らが開発に関与した健康補助食品の競合品について、インターネットのブログ上で真実に反する内容を提示させ、販売会社の信用を失わせた「信用毀損(きそん)」の罪で、3か月の医業停止処分となりました。

(日テレNEWS24より)

河野医師は、2007年から行われたANM176臨床試験に参加した医師の一人ではありますが、その後はANM176を真似たフェルラ酸とガーデンアンゼリカ抽出物(ANM176の成分とは異なる)の健康補助食品を手掛け、本来のANM176とは異なる誤った情報なども広がっていきました。

現在、ANM176は、この河野医師自らが開発に関与し手掛ける健康補助食品やコウノメソッドとは、全くの無関係です。

 

 

 

アスタキサンチンと特許とANM176

2016年9月27日(火)

肌のシミやシワに効果があるとされている「アスタキサンチン」をめぐって特許を侵害されたとして、富士フイルムがDHCに対して、対象製品の製造・販売の差止めなどを求めていた訴訟で、東京地裁は富士フイルムの特許は無効とすべきと判断して、請求を棄却する判決を下しました。

「アスタキサンチン」イコールしみやシワに良いと定着するまでには、多くの時間とコストがかかっているようで、ここまでが至難の業なのだそうです。

それをある程度有名になったところで、後から他の企業に安価で販売されることになった富士フイルム側のお気持ちは想像できますが、この判決の「特許無効」というのにも驚きました。

けれどこの「特許無効」ということも決して珍しいことではないそうです。

この件に関して、DHCは2015年、特許庁に特許無効審判請求をしていますが、特許庁は2016年3月に特許が有効であると審決しているそうです。

そして、今回の東京地裁での「特許は無効」の判決は特許庁とは真逆になります。

ANM176製品製造元の株式会社エイワイシーが所有する日本での専用実施権特許第4350910号を侵害しているとした「特許権侵害販売差止請求」の訴訟も、特許権侵害にはあたらないとして請求は棄却されました。

ただ、「アスタキサンチン」訴訟と違うのは「特許無効」とはならなかったことです。

弁護士さんのお話しでは、特許の解釈論は、政策的な理由による場合も含め、変更されること、時の経過とともに変わっていくことも珍しくなく、ちょっとした事実関係の相違で異なってくることもよくあるそうです。

かつてこの特許にも特許庁に特許無効審判請求をされていたようですが、特許庁は特許が有効であると審決しています。

今後、食品用途侵害の訴えはできないとしても、株式会社エイワイシーが所有する特許が無効となったわけではないので、もちろん特許表記にも問題はないとのことでした。

とはいえ、お客様にとっては、やはり成分第一です。

トクホを取り消しになった日本サプリメントは関与成分の含有量が必要量を満たしていなかったということですが、ANM176製品に関してはそのようなことは一切ありません。

またフェルラ酸の量やガーデンアンゼリカに含まれるフロクマリン類の1日摂取許容量などもきちんと調整され安全なようにつくられています。

即効性はありません。

多く飲むこともおすすめしません。

でも、どうぞ自信をもってご飲用ください。

ちょっと変な言い方ですが、この言い方がぴったりな気がします。

 

 

 

 

 

 

ガーデンアンゼリカの成長と「これのおかげ」

2016年9月07日(水)

2016 9. 6

 

9.6 ②

北海道の農場でのガーデンアンゼリカの種からの試験栽培1年目は、順調に生育しているようで、写真が送られてきました。

今年は、北海道にも立て続けに台風が上陸して、大きな被害もありましたが、お願いしている農場では被害はないようでした。

初めて、種から苗にして、5月に植え付け、7月には成長が遅いように感じていましたが、ここまでくると、昨年の苗からのガーデンアンゼリカと同じくらいだと思います。

2年目のガーデンアンゼリカはもう種を付け、すっかり枯れてしまいましたので、根を掘り起こし、乾燥させてメーカーに送り、その後成分のチェックをするそうです。

ANM176製品に使われるガーデンアンゼリカ根の特定成分の一部はこの後の処理によって生成されるものです。

6月に掘った根と、8月に掘った根、花をつけた根と、花をつけずに茎を切った根など比べてみて、来年の農場の根の収穫時期などを検討しなければなりません。

これは試験栽培ですが、確実に北海道で生育できることが確認できたと思います。

出回っているガーデンアンゼリカの8割には、ANM176で使用する、その特定の成分は入っていないため、こうすることで、ANM176に配合されるガーデンアンゼリカの特定成分を安定して抽出することができます。

8月25日にシーエムシー出版より刊行された「脳機能改善食品の開発と応用」(税込み66、960円)の中の「ANM176はアルツハイマー病の改善と予防に役立つ可能性がある」の中でも記されているように、フェルラ酸とガーデンアンゼリカの特定成分、どちらも単体だけではアルツハイマー病の改善用としては不十分と考えられており、どちらも必要なのです。

 

長年お母様がANM176顆粒をご飲用されているお客様が、「これのおかげ、これのおかげ」と言ってくださり、自分もこれから心配だからと今回はご自身用にもカプセルタイプを購入してくださいました。

その方のお母さまは早い段階から飲み始めたこと、そしてずっと継続されていることがやはりとても大きいと思います。

体も他にはどこも悪くないそうです。

また、サンプルのお申込みのお電話をいただいたお客様で、ご主人が座椅子に座ったきり動かず、反応もにぶいなどと認知症を疑われて病院に行ったそうですが、認知症ではないと診断されたそうです。そのお電話で、いろいろとお話しを伺って、毎日少しずつでも歩くようにした方がいいことなど、予防といわれるいろいろをお話しさせていただいていたのですが、その後、「本当に良いものと出会った、こういうものを探していた、あれから、毎日20分歩くようになり、主人も張りがでてきた」と大変喜んでくださいました。

このようなお客様のお声の数々が、私にとっては何よりのご褒美と感じます。

もっと早く知っていれば良かったとおっしゃられることも多く、今後は多くの方にANM176を知っていただき広めるという活動に入るとメーカーの社長さんも言っておられました。

これからも多くの方に「これのおかげ」と言っていただけるように日々精進いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                   

 

 

 

 

認知症とサプリメント フェルラ酸

2016年8月30日(火)

ある健康フォーラムで「認知症とサプリメント」という講演を田平武医師がされている、その内容を見ました。田平医師は、テレビやあちらこちらでお見掛けしますが、いろいろなサプリメントを紹介されています。

その講演でも、7つくらい紹介されていました。

その中に、「フェルラ酸」があり、フェルラ酸を使った商品もいくつか紹介されており、ANM176もありました。

ところが、見てびっくり、他の商品はフェルラ酸と西洋トウキが主要成分で、ANM176はフェルラ酸と東洋トウキが配合されていると書かれていました。

しかも韓国のエイワイシーから出ています、と。

ANM176はフェルラ酸と西洋トウキといわれているガーデンアンゼリカ抽出物が主要成分で、東洋トウキは使用していません。

東洋トウキって、何のトウキのことを言っているのでしょうか。

また、発売元のエイワイシーも韓国ではありません。

日本の会社でANM176も日本で製造されています。

いろいろな講演をされている方が、適当なことをお話しになると、それを聞いている方はそう思われてしまうので、きちんとお伝えいただければと思います。

この度、8月25日にシーエムシー出版より「脳機能改善食品の開発と応用」(税込み66、960円)という本が刊行されましたが、この中で「ANM176はアルツハイマー病の改善と予防に役立つ可能性がある」その概要と作用機構が載っております。

この本には田平先生もココナッツオイルについて書かれているそうですので、ぜひANM176のところも読んでいただきたいと思います。

ちなみに、田平先生は、健康フォーラムでは、ココナッツオイルについて、このように言っています。

ココナッツオイルは糖尿病などでブドウ糖を神経細胞の栄養にうまく使えない人が、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸を使って良くなるという理屈です。

ところが、ココナッツオイルの1日の服用量が多くてとても摂取できず、なんとか耐えて摂取した人も下痢がひどく、認知機能はむしろ悪化した人が多かったとあります。

私はまだシーエムシー出版の「脳機能改善食品の開発と応用」を読んではいませんが、田平先生がココナッツオイルのことをどのように書かれているのか気になるところではあります。

 

 

 

 

 

 

送料・代引き手数料無料 無料サンプルお申込み 店長ブログ 会員登録 FAX よくあるご質問 認知症の人と家族の会