お問い合わせご注文 0120-52-4727 受付:9:00~17:30|定休日:土、日、祝日 無料サンプル

ブログ

口から食べるということ

ブログ一覧へ

2018年11月12日(月)

また、心ときめく方と出会ってしまいました。

「認知症を堂々と生きる 終末期医療・介護の現場から」の著者でもある、看護師の武田純子さんです。

この本は、宮本礼子医師との共同著書ですが、武田さんは長年の老人病院勤務のあと、「認知症の高齢者を穏やかに看取りたい」との思いからグループホームを運営されています。

今回は「北海道認知症の人を支える家族の会」主催の講演会の中で武田さんの「食から考える人の尊厳 グループホームでの食事支援から」という講演をお聞きしたのですが、ただただ感動でした。

ざっくばらんなそのお話し方に一気に引き込まれ、私が日頃お客様とのお話しの中で、よくでてくる食についての問題点が明確になり、とてもスッキリとしました。

空腹時においしいものを食べる喜び。

素材がわかるなじみのあるものを食べたい!

最後まで口から食べよう!

武田さんの施設では刻み食は作らないそうです。

「あれは餌です。」とおっしゃっていました。

見て何かわかる食事というこだわりです。

圧力なべがあれば、どんなものでもやわらかくなり、形あるままにお皿に出せますと。

寝ている時に起こして食事をしない。

時間を気にせず、なんなら1日2食でもいい。(寝ていたらの話)

また、どこの施設も病院も誤嚥性肺炎を心配して、最後は口から食べさせることをやめてしまいますが、姿勢をきちんとして、食事に集中し、口腔ケアをしっかりやれば誤嚥性肺炎にはならないと、最後まで口からの食事にこだわっています。

これを認知症ケア学会で発表したら、どこぞの教授に「エビデンスのないこと話したらだめだよ」と言われたそうですが、武田さんは言い続ける!とおっしゃっていました。

車いすも極力使わず、トイレもオムツはなるべく使わないようにトイレ介助をし、それが尊厳ではないかと。

武田さんの施設に入所されている方は、みんな「幸せだ」とおっしゃられるそうですが、武田さん自身も「幸せにしてやるんだ!うちにいる人はみんな幸せにするからね!!」という信念のもと腹をくくってやってる!と。

伝わります。とても。

信念を持っている方ってどうしてこんなにかっこいいのでしょう。

家族会にお伺いすると、会長、副会長初め、皆さんの笑顔に癒され、いつもパワーをいただいてくるのです。

 

 

 

ANM176®正規代理店

お電話からのお問い合わせ・ご注文

0120-52-4727

受付:9:00~17:30|定休日:土、日、祝日 FAXご注文用紙はこちら

無料サンプルご希望の方は

無料サンプル